CHARACTER

本作の主人公。
背は高く、やや痩せ形だが筋肉質の体格。
黒衣の上に黒外套を纏い、赤い刀身の剣を扱う。

この世界で「魔討士」と呼ばれる、悪魔退治を専門に請け負う戦士。
十数年前、妹のアリーセと母親を、悪魔ゼノヘミアに惨殺されており
以後、ゼノヘミアへの復讐を糧に旅を続けている。
島へ来る以前、大陸では「悪魔喰い」「七つの悪魔使い」といった
異名で呼ばれ、腕利きの悪魔狩りとして名を知られている。

基本的に不愛想であり、感情を表に出す事は殆どない。
口数も少なく、誤解される事も多い。
が、悪魔に対する憎悪は極めて大きく、悪魔を相手にした際には
憎悪をむき出しにする。

十数年前、ゼノヘミアと5人の魔女がレグルス島と王国を滅ぼした際
両親を失っている。
以後フェリオの町で姉のマルタと2人、薬屋を営んでいる。
常に笑顔で、どんな事にも物怖じしない明るい少女。
困った人を見たら声を掛けずにはいられない性格。
基本的に前向きでプラス思考であるが、一度落ち込むとなかなか立ち直れない。
両親を殺した悪魔(ヴェロニカ)を強く憎んでおり
その仇を討とうと、ひそかに鍛錬を積んでいる。
ギルベルトとの出会いを切っ掛けに、町を出て
悪魔に虐げられる人々を救う旅に出る。
料理が非常に上手い。
冒険に必要な道具という事で、非常に数多くの
調理器具を持ち出し鞄に詰め込んでいる。

ラスファ教・アンダル派の聖騎士。
教団の中では「特務執行騎士(セイクリッド・エンフォーサー)」と呼ばれる
特殊な任務専門の役職に就く。
(主に、教圏の外縁部や教義の行き渡っていない文化圏での
悪魔、異教徒鎮圧を主な任務とする。教団内部的には、厄介者を飛ばす部署でもある)
ギルベルトと同じ修道院で幼年期を過ごした幼馴染。
正義感が強く勝気で、竹を割ったような性格。
非常に整った顔立ちで、誰もが振り返る美人ではあるが
その性格が災いし幻滅する異性も少なくない。
聖騎士であるが、悪魔と契約しその力を宿した
「ヴィーゲンリート」と呼ばれる剣を振るう。
神聖魔法も習得しているが、治癒系の魔法は苦手としている。

トモエの妹。
実年齢は3歳離れているが、外見はヒジリの方が遥かに大人びている。
美しい黒長髪の美人ではあるが
凛とした性格で、己にも周囲にも厳しい性格。
生真面目で堅物だが、甘いものには目がない。
姉のトモエを非常に溺愛しており
トモエの為ならば命すら惜しまない。
また、トモエに敵対する者には容赦をしない性格。

シュトラールの街を中心に勢力を伸ばす教団『ゼルキオン』の司祭。
パーティの中では(外見上は)最も年上であり
物腰は柔らかく、年齢相応の落ち着きと包容力を感じさせる。
身体的にも成熟しており、聖職者ではあるがその豊満で肉感的な身体からは
大人の色香を漂わせる。
司祭らしく、常に優しく落ち着いた口調で会話するが
なかなか本心を見せる事はない。

十数年前、悪魔ゼノヘミアと5人の魔女によって
滅ぼされた王国の生き残りであり、金髪碧眼の美しい姫。
現在は一部の従者、側近の兵士たちと共に
島の何処かに身を隠している。
国を滅ぼし、父母兄弟を殺した悪魔ゼノヘミアを強く憎んでおり
島からの悪魔根絶のため、ギルベルトの力を借りたいと考えている。
世間知らずではあるが、決して尊大、傲慢というわけではなく
寛容で心優しい性格の持ち主。

十数年前、悪魔ゼノヘミアによって選ばれた
5人の魔女の1人であり
レグルス島南部にあるバースの森と
その周辺に棲む獣人たちを支配する。
高い魔力を持つ魔術師であり、火炎と高熱の魔術を得意とするが
その他の魔法も多岐に渡って自在に操る。
外見は妖艶な女性であり非常に肉感的。
気に入った男は獣人(ライカンスロープ)にして自分の手下にする。
最も気に入っている獣人には悪魔をとり憑かせて
自分の右腕として働かせる。
(現在は、スードルという獣人がその役目にある)

ゼノヘミアによって悪魔憑きとなる以前
住んでいた村で虐げられていた過去から
人間たちを強く憎んでいる。

十数年前、悪魔ゼノヘミアによって選ばれた
5人の魔女の1人。
四大精霊を自在に操る精霊魔術師であり、且つ
ゴーレムの創造・操作を行う古代語魔術も得意とする。
※悪魔憑きになった後は肉体的に加齢しない為、外見は少女。
勝気ではあるが、常に冷静で落ち着いた性格。
物事に対しては常に一歩引いたような態度を取り視野も広い。

近隣の街や村から、自分が気に入った人間を集め
「城」と呼ばれる自分の館に監禁し、奴隷のように扱っている。

十数年前、悪魔ゼノヘミアによって選ばれた
5人の魔女の1人。
言葉数は少なく、抑揚の少ない口調もあって
非常に感情が読み難い少女。
華奢な体に似合わず、非常に剛腕であり
身の丈を超える太刀を自在に操る。
自らの肉体・精神の鍛錬に余念がなく
十数年前、ゼノヘミアによって悪魔憑きとなった後も
その性格自体はあまり変わらなかった。
一度「敵」と認識した者に対しては冷徹に、容赦なくその白刃を振り下ろす。

十数年前、悪魔ゼノヘミアによって選ばれた
5人の魔女の1人にして
犯罪都市シュトラールを裏から支配する『組織』のボス。
金髪の髪、褐色の肌を持つ超絶お嬢様。
他の魔女たちとはやや異質な存在であり、
ゼノヘミアもその点を面白いと感じている。
その謎の精神力を面白いと評価したゼノヘミアは
彼女をそのまま手下としている。

育ちの良さもあり、口調は丁寧であり気品を漂わせる。
が、無邪気さと残酷さを合わせ持った性格でもある。

レグルス島の北に位置する『雷竜山』を住処とする竜人族の戦士長。
十数年前、悪魔ゼノヘミアによって選ばれた5人の魔女の1人であり
悪魔の力に加え、竜人族特有の強力な竜語魔法を操る。
外見的にはギルベルトたちと同年齢に見えるが
竜人族は人間よりも寿命が長いため、実際には
ギルベルトたちよりもかなり年齢は上である。
性格は温厚で、誰とでも対等な目線で会話する。
やや小悪魔的な性格でもあり、他人をからかうのが好き。

雷竜山の近辺にある村々を襲い、その支配域を拡げている。

ギルベルトが復讐を誓う相手であり
推定年齢4000歳ほどの大悪魔(アークデーモン)

性格は残忍で冷酷。
あらゆる下等種は全て己の糧であると考えている。
他の種族(知性体)の心に生じる、恐怖や憎悪、絶望といった
「負の感情」を吸収し、自らの魔力へと換える力を持つ

pagetopページの先頭へ